鬱の症状と正体|頑張るあなたを待ち伏せる病

ストレスと上手く付き合う

男性

様々なストレスが原因となり発症してしまうのが、鬱病と呼ばれる精神疾患です。症状としては、頭痛や吐き気、嘔吐、やる気の無さなどがあり人によって様々です。心療内科や精神科へ通院し、医師とのカウンセリングを重ねて自分に合った治療法を見つけることが重要です。

More Detail

メンタル疾患に要注意

看護師

自分が鬱病でないかという疑いが生じたら、普段の食生活や睡眠の状態をチェックしてみるのが一つの方法です。このような生活面には、鬱の症状がかなりの頻度で現れます。他の鬱の症状がその時の気分や状態に左右されやすいのに対し、比較的顕著な変化が多く見受けられるのが食事や睡眠です。ちょっとした食欲不振や不眠の症状も見逃さないことが、鬱病を見分けるための対処と言えます。多くの方は、鬱病になると食欲に何らかの変化が生じます。胃腸障害などを抱えるケースも多く、概してそれまでよりも食事の量が減ります。スープやジュース、菓子類などのすぐに口にできる食品を好むようになるのも多い傾向です。また、中には極端な食欲過多に陥る方もいます。この場合は、かなり病的な食べ方が目立ち、下痢や腹痛、嘔吐なども併せて起こるケースが多いです。いずれにしても、極端な食欲の変化は鬱病の可能性が考えられます。食欲とともに見ておきたいのが、睡眠の状態です。朝起きた時の熟睡感や昼間の眠気などが、主なチェックポイントです。夜間にたびたび目が覚める、または早朝に目が覚めてしまうようなときには、鬱病の兆候が疑われます。このようなチェックをすることが、病気を早く発見しやすくなります。

今では、鬱病に罹患する方の人数も年々増加傾向にあります。そのため、全国にも鬱病を治療できるクリニックが、目立つようになっています。症状の自己チェックがしやすくなっていることで、自分の病気に気づく方も多い状況です。ただ現在のところ、ほとんどの心療内科や精神科のクリニックは薬物療法が中心です。特に地方のクリニックでは、精神療法に対応できる医師や設備の不足から、薬物療法に頼らざるを得ないのが現実です。そのような中でひそかに人気を高めているのが、一部のクリニックで診療を行う名医たちです。こういった名医たちは、主に都市部に集中します。全国からの口コミでも評判がよく、常に受診を希望する方が絶えないのが名医が診療を行うクリニックです。名医と称されるドクターたちの多くは、薬物療法とともに精神療法を重視します。精神医学的な手法に則って行われる療法は、患者自身に明らかな変化をもたらします。精神療法受けることで症状が軽くなるケースもあり、順調な回復のサイクルが促されるとして好評です。精神療法を行うには、医師側に相応の技術や知識、臨床経験が必要となってきます。そういった条件を兼ね備えているのが、人気の名医たちです。

心の辛さを改善するため

ウーマン

本来は楽しいはずの趣味まで面白くないと心が感じるのなら、鬱病という病気になっている可能性があります。症状を抑えるためには薬を利用するのが一番の方法なので、精神科・心療内科に通って医師に治療をしてもらわなければいけません。

More Detail

年代問わずにリスクがある

カウンセリング

会社や周囲に迷惑がかかるなど、心の不調は些細なサインから現れ、鬱病を発症してしまう可能性が問題視されています。鬱の症状は、気持ちの浮き沈みや頭痛など、ただの疲労やストレスと言った誤った解釈を行いやすく、十分な熟慮は鬱を重度化させないために必要で、医療機関がサポートしてくれます。

More Detail

うつ病の特徴と治療法

メンズ

鬱病とは、長期間憂鬱な気分が続いたり、不安な気持になったりする症状のことを言います。鬱病の症状は精神疾患以外にも、頭痛や不眠などのように身体に現れることもあります。一番の改善方法は休養をとることですが、それでも改善傾向がない場合は、専門家へ相談して薬物療法を受けてみても良いでしょう。

More Detail