うつ病の特徴と治療法|鬱の症状と正体|頑張るあなたを待ち伏せる病

鬱の症状と正体|頑張るあなたを待ち伏せる病

うつ病の特徴と治療法

メンズ

仕事や家事、育児などの日常生活において感じるストレスによって、やる気がわかない・虚しくなる・不安になるなどの「憂鬱」な気分になることが誰しもあります。この憂鬱な状態が一向に改善されず、次第に日常生活に支障が出るようになる心の病気を「うつ病」と言います。うつ病の代表的な精神症状が、無気力感、物事を決定できなくなる、物事を全て悲観的に捉えてしまう、などです。また精神症状だけでなく、頭痛や倦怠感、不眠、食欲の低下、便秘などの身体的な症状が現れることもあります。これらの症状は患者の性格や、置かれている環境、感じているストレスなどによって現れ方や進行の速度が異なってきます。その為、うつ病が発症していても疲れているだけだろう、風邪気味なだけだろうと、放置してしまう人が非常に多いのです。うつ病も他の病気同様に、早期に治療を始めるほど治療効果も高まりますので、憂鬱な気分が長く続くという人はできるだけ早期に、精神科・心療内科に相談だけでも行ってみましょう。精神科や心療内科の受診を、恥ずかしがって躊躇される方が非常に多いのですが、なかには専門医に相談を行っただけで、気持ちが軽くなり精神症状が安定したというケースもあります。

うつ病が発症しやすい人の性格として、社交的でやさしく、周囲に気遣いができる人ほど、ストレスを溜め込んでいることが多く、うつ病になりやすいとされています。また責任感が強い、真面目、何事も完璧を目指す性格の人も、疲れ切ってしまい極度の疲労によって憂鬱な気分になることが多いとされています。精神科でうつ病と診断された場合、治療は「十分な休養」と「薬物療法」が基本となります。そして治療効果を高める為には、患者の「心構え」も非常に重要とされています。その一つとして、患者自身がうつ病になったという自覚をしっかりと持つことです。なかには自分はそんな弱い人間ではないと、病気を認めたくない患者もいるのが現状です。うつ病が発症していることを自覚しない限り、治療を行っても症状の改善は難しいのです。二つ目の心構えとして、医師の指示には必ず従うことが重要とされています。治療により憂鬱な気分が改善されてきたからといって、自己判断で薬を中止してはいけません。薬を途中で中止すると、かえって症状を悪化させてしまうケースもあるのです。最後の心構えとして、治療には相応の「時間」がかかることを認識しておかなければいけません。薬を飲んでいるも症状の改善の気配がないと、焦ってしまうとその焦りがストレスとなり、精神症状を悪化させてしまうこともあります。治療効果は個人差もありますので、焦らずじっくりと治療に向き合うことが重要なのです。